Windows XPのサポート終了について

2014年4月9日(日本時間)をもちまして、Windows XPに対して開発元であるマイクロソフト社からの全てのサポートサービスが終了します。

サポートが終了するとXPを使い続けるリスクは飛躍的に増大します。
まず以下の事態が想定されます
① マイクロソフトから修正プログラムが提供されなくなる
② サポート終了後、新製品の動作環境の対象からWindows XPが外れる

修正プログラムが提供されないということは、今後、Windows XPにセキュリティ上の重大な欠陥(脆弱性[ぜいじゃくせい]といいます)が見つかっても、それが解消されないということになります。

脆弱性を放置するとどうなるのか

その場合パソコンがウイルスや不正アクセスの脅威にさらされ、例えば下記のような危険性があります。

パソコンの乗っ取りや遠隔操作されてしまう
パソコンから重要な情報が漏えいさせられてしまう
などの危険性です。

なんらかの手段で、一度ネットワークに侵入したコンピューターウイルス(ワームと言います)は
ワームとしての機能を以って、LAN内のすべてのコンピューターを攻撃できます。
OSおよびルーター装置などのセキュリティルールは、一般的にLAN内の通信にゆるく無防備です

その先に、アップデートを受けられ無くなったコンピューターがあれば
ワームは最新のOSよりも、より自由な活動を行えるようになる可能性があります。
つまり、サポート切れOSが、内通者としてLAN内にさらなる脅威を招き入れることもありえるということです。
近い将来Windows XP搭載のコンピューターが原因でクレジットカード番号流出事件が多発する可能性は否定出来ません。

お使いのソフトに対する懸念

公式サポートの終了は、修正プログラムの更新が打ち切られるだけではなく、ソフトウェアの動作保証も終了するということです。
①新製品のソフトウェア(セキュリティソフト等)を購入してもインストールできない
②インストールしても動かない
などの不具合が想定できます。
またソフトウェアメーカーのサポートの終了も考えられます。近い将来XP搭載のコンピューターにソフトウェア関係の不具合が発生した場合、どこからもサポートを受けることができなくなるかもしれません。

サポート終了に対して出来る事

サポート終了への対策は2つあります。
①OSを更新する
②OSがXPのパソコンをネットワークから切り離す

OSをXPからWindow7、ないしWindows8に更新すれば、マイクロソフトのサポートを受けることができ、脆弱性が見つかっても公式サポートを受けることができます。
Window7、8に更新してもセキュリティ上の脅威は存在することは確かですが、XPを使い続けるリスクとは比較になりません。
ネットワークに接続したままの運用をお考えでしたら、OSの更新を強くおすすめします。

またXPをネットから切り離し独立したパソコンとして動かすなら、危険性は殆どありません。
この場合ネットワークに接続できないというデメリットは有りますが、ご使用の端末をそのまま使うことができるというメリットがあります。

対策の問題点

ですが、OSをアップグレードしたり、ネットワークから切り離せば、すべて上手く行くかというとそうではありません。
①XPでしか利用できないソフトが有る
XPは長年使用されてきたこともあって、対象のソフトウェアが豊富です。
新しいOSではXP向けのソフトに対応していないと場合によってはソフト事態が動かないことが考えられます。
②ネットワークに接続できないと業務に支障をきたす
ネットワークに接続しなければ、セキュリティ上は安全です。しかし安全を確保しても業務に支障をきたすようでは意味がありません。

弊社の支援内容

弊社ではXPのサポート終了に対して、以下のサービスを提供しております。

お使いのパソコン調査及びご提案

① お使いのWindowsのOSヴァージョンの確認
② 使用ソフトの確認
【費用】基本3,000円 (1台追加毎 +1,000円)
+ 和歌山市外の方はJR運賃をご負担頂きます

Windowsのアップグレード及び新規導入支援

お使いのWindows XP端末よりデータを移行します。
※但しソフトは移行できるか調査が必要です
【費用】別途お見積致します
(但しサービス対象エリアは和歌山県内となります)

以上のサービスにより、枕を高くして2014年4月9日の朝を迎えることができるかと思います。
ですが以降にはスケジュールの遅延、不測のトラブルの発生などのリスクも考えられます。リスク回避に必要な期間を確保するためにも、はやめに移行準備に着手されることをお勧めします。